Search Posts

カップラーメン

カップラーメンは,お湯を注いで3分待つだけで,どこでも手軽に食べられる。
現在,世界中で愛されているカップラーメンを開発したのは,日清食品の創業者,安藤百福だ。1958年にインスタントラーメンを開発した安藤は,すでにこの時期,『インスタントラーメンの国際化』といる夢を持っていた。
ある年,安藤はキャンペーンのためにアメリカをれ,インスタントラーメンを試食してもらった。すると,相手はどんぶりを使う代わりに紙コップを使い,その中にいたインスタントラーメンをいれ,お湯を注いで,フォークで食べ始めた。
安藤はこれに驚き,「フォークの文化圏では,インスタントラーメンもフォークで食べられるようにしなければいけない」「どんぶりに変わる新しい容器が必要だ」と考えた。そして,新しい味をどんぶりではない新しい容器で販売し,フォークで食べられるようにすれば,インスタントラーメンは国際商品になると確信した。
しかし,開発は簡単ではなかった。容器の材料は,ガラス,紙,プラスチェック,金属と,当時考えられるだけのものが集められた。さまざまな工夫の,「発泡スチロール」が採用された。容器の形についても試作が繰り返された。片手で持てて,手からり落ちない形を理想として,現在の形が生まれた。
こうして,カップラーメンは1971年に発売された。さまざまなキャンペーンが行われ,今では世界中に広がり,80か国以上の国で食べられている。